キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 新築アパートの建築費の相場について : 今さら聞けないアパート建築費について

新築アパートの建築費の相場について

今さら聞けないアパート建築費について

新築アパートの建築費の相場についてです。木造とRC造との単価の違いを記載していますので比較してみましょう。

[+IMAGEALT+]

新築アパートの建築費の相場について

アパート経営をするにあたり、土地があるのならそこに建物を建てなければなりません。

新築のアパートを建てるには、いくら必要なのか、だいたいの相場を知っておけば建築会社から見積もりをもらった時も比較しやすいです。

【木造アパートの場合】

2階建ての木造アパートで、部屋数が6部屋の木造アパートの場合、建築費の相場は1㎡あたり13万円くらいと考えられます。

1Kで20㎡の部屋だとすると、1階、2階に3室ずつで60㎡×2=120㎡になりますから、120×13=1560万円になります。

【RC造の場合】

RC造のアパートになると単価が上がります。

だいたいですが、1㎡あたり20万円くらいと考えておくと良いでしょう。

上記の木造アパートの場合と同じ条件にすると、120×20=2400万円になります。

通常、6部屋程度で2階建てのアパートなら、木造建築にするケースがほとんどなのでこの大きさでRC造にすることはあまりないのですが、木造と建築費を比較しやすくするために同じにしました。

【細かく比較すること】

アパート建築費と言っても、業者によって本体のみの建築費とするところと、室内設備などをすべて含んだ値段を提示しているところがあります。

ですから建築費〇〇〇円と提示されたら、本体のみかそれともすべて含んだものかを確認し、細かく比較していくことが大切です。

本体のみの建築費の提示だったのに、よく確認もせず決めてしまい、後で設備工事費などを追加請求されて驚いたということもありますので注意してください。

よかったらコメントをお願いします。

ペンネーム

URL

性別

男 /

コメント